【研究】電気刺激を与えると笑いが出る脳の部位が見つかる

EGF・FGF[5days透明感実感セット]
no title
1: 名無しダイエット 2019/02/06(水) 19:35:25.39 ID:QqGxpu2A9
アメリカの神経科学者らが、脳の特定の部位に電気刺激を与えることで、人を笑わせたり不安を軽減したりできることを発見しました。これは、たとえ覚醒した状態での開頭手術中でも効果があって、患者を落ち着かせることができたそうです。

JCI – Cingulum stimulation enhances positive affect and anxiolysis to facilitate awake craniotomy
https://www.jci.org/articles/view/120110

Laughter may be best medicine — for brain surgery: Effects of electrical stimulation of cingulum bundle — ScienceDaily
https://www.sciencedaily.com/releases/2019/02/190204170932.htm

帯状回とは、脳において大脳辺縁系の各部位を結びつける役割を果たし、感情の形成や処理、学習、記憶などに関わる部位です。エモリー大学医学部の神経科学者らは、帯状回下部にある帯状束という連合繊維の束に電気刺激を与えることにより、笑いを誘発できることを発見しました。この現象は、発作診断のためのモニタリングを受けている最中のてんかん患者で確認されたとのこと。

電気刺激を受けた患者は自分の意志とは関係なく無意識的に笑い出してしまっただけでなく、前向きな感情を経験したそうです。これはてんかん発作の原因部位を特定する作業中に発見したもので、研究チームは「患者はその経験を愉快でリラックスしたものだと報告しており、てんかん発作の前兆とは違ったものだ」と述べています。

最初に帯状束への電気刺激による笑いの誘発が確認されたこの患者は、その後てんかんの治療を行うために覚醒した状態での開頭手術が必要となりました。覚醒した状態での開頭脳手術は、言語や感覚、運動機能が維持できていることを確かめながら手術を行う必要があったり、疾患の原因となる部位を探りながら手術を行う必要があったりする場合に行われます。過去にはバイオリニストが手の震えを抑えるために、バイオリンを演奏しながら脳手術を行ったケースもありました。

てんかんの手術においても覚醒した状態の患者と医師が会話を行うなどして、重要な脳機能を損傷しないようにすることがあります。この覚醒手術中には患者が鎮静してしまわず、覚醒し続けていることが必要ですが、当然ながら患者は強い不安感を覚えるものであり、事前に準備や説明を行っていた患者でもパニックに陥ってしまうことがあるとのこと。患者がパニックに陥るとむやみに動いたり、手術中の頭部に触ろうとしたりして非常に危険なものであると、エモリー大学の神経外科准教授のKelly Bijanki氏は述べています。

今回、脳への刺激によって笑いが誘発されるという発見の発端となった患者も開頭手術中、最初の麻酔から目覚めた時にパニックになったそうですが、帯状束への刺激を行うと患者はすぐに幸せとリラックスを感じたとのことで、家族についてのジョークを発するほどの余裕も出たと報告されています。患者がリラックスして不安感が軽減されたおかげで、覚醒状態での開頭手術は無事に終わったとのこと。

また、手術を受けた患者の他に2人のてんかん患者についても同様に帯状束への電気刺激を与えたところ、やはり笑いとリラックスした感情が誘発されることが判明したそうです。研究チームによれば、これまでにも脳への電気刺激が笑いを誘発する可能性について言及されてきたとのこと。一方で、今回の発見は鎮静作用を伴う薬を使用できない覚醒時の開頭手術中に、患者の不安を軽減することが可能であると判明した点で、有意な臨床的利益につながると見られています。
https://gigazine.net/news/20190206-electrical-stimulation-cingulum-laughter-anxiolysis/


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【研究】電気刺激を与えると笑いが出る脳の部位が見つかる

coyori オイル訴求